健康な食生活への
取り組み

創始者 中島董一郎は、栄養価の高いマヨネーズを普及させて、日本人の体格向上に貢献したいという想いで「キユーピーマヨネーズ」を1925年に発売しました。それ以降、国内外のあらゆるお客様の食と健康に配慮した商品開発を行っています。
また、サステナビリティ目標である健康寿命延伸への貢献に向け、さまざまな取り組みを通じて豊かで健康的な食生活をサポートしていきます。

重点課題:
健康寿命延伸への貢献

サステナビリティ目標

サラダとタマゴのリーディングカンパニーとして

  • 1日当たりの野菜摂取量の目標値350gの達成に貢献する

    「健康日本21」(厚生労働省)に定める成人1日当たりの野菜の平均摂取量の目標値

  • たんぱく質の摂取に貢献するために、卵の消費量アップを推進する

KEY DATA

野菜・卵・健康に関する講演会の回数 対象:一般消費者 179回(2019年度)/キユーピーニュースの累計発行回数 553回(1973年12月~2020年3月)/介護に関するイベント 対象:一般消費者・専門職・取引先 400回(2019年度)
ページの先頭に移動する