健康への取り組み

キユーピーグループでは、1925年のマヨネーズ製造・販売開始以来、野菜摂取の拡大を通して健康な食生活に貢献するため内食・中食・外食に幅広く事業を展開し、多様化する食シーンに合せてさまざまな取り組みを行ってきました。また育児食(ベビーフード)・ヘルスケア食・介護食・医療食を販売するなど、赤ちゃんから高齢者までそれぞれの世代の食と健康に貢献するための事業活動を行っています。

健康寿命延伸への取り組み

日本において、健康に関する社会課題の一つに、平均寿命と自立して生活できる年齢を示す健康寿命との間に約10年のギャップがあることが挙げられます。
このギャップを縮めることが出来れば、多くの方々の笑顔につながることはもちろんのこと、国の大きな課題となっている医療費抑制の一助にもなると考えます。
サラダとタマゴでおいしくバランスの良い食生活をサポートすることを中心に健康寿命の延伸へ貢献していきます。

生涯健康のための3つの柱
平均寿命と健康寿命のギャップ

運動と食の両面から健康を応援!

健康的な生活を送るためには「栄養」「運動」「社会参加」の3つの要素が大切という考えを共有するセントラルスポーツ株式会社と協働しています。
手軽に効果的にたんぱく質を摂取したいというスポーツジム利用者やインストラクターからの要望を受けて、食の勉強会を開催したり、利用者へメニューや健康情報の提供を行っています。

「食」をテーマにした講演会

食についての正しい知識や、食の大切さと楽しさを伝えることは、私たちの重要な役割です。
健康で楽しい食生活に貢献したいと考え、「食」をテーマにした講演会に講師となる社員を派遣し、食生活と健康について正しい情報を提供しています。
プログラムは現在3種類あり、「野菜の魅力」をテーマにしたプログラムでは、野菜の栄養や理想的な摂取量などをDVDで観たり、毎日の生活で実践できる調理法を紹介したり、参加される皆さんに関心を持っていただけるような内容にしています。
参加した方からは、「1日350gの野菜摂取を意識して献立を考えます」「野菜の幅広い魅力、食卓での楽しみ方などを学ぶことができた」などの声も聞かれ、野菜の魅力が伝わっています。

たまごスター

社内認定制度「たまごスター」を2019年度よりスタートしました。
グループ全体で卵を語れる人を増やし「タマゴのリーディングカンパニー」をめざしています。
三ツ星タマリエ検定取得(日本卵業協会)に加え、卵の知識を正しく伝えるための勉強会に参加することで認定されます。
今後は社内外問わず、卵の魅力を伝える認知啓発活動を担っていく予定です。

たまごスター255人(2020年3月末時点)

たまごスター255人(2020年3月末時点)

東京大学高齢社会総合研究機構との取り組み

東京大学高齢社会総合研究機構と連携し、食のコンソーシアムに参画しています。生涯健康のための3つの柱を基軸に、他企業・自治体とも協働し、産官学連携のフレイル予防産業の構築に向けて動き出しています。

トピックス
長野県松本市・松本大学と共同調査を実施

健康寿命は食生活との関わりが強く、生活習慣病予防としては塩分を控え、野菜を積極的に摂取することが必要といわれています。
そこで、健康的な食生活提案にむけて、長寿県であり、野菜の摂取量も多い長野県松本市とともに松本市民の食と健康に関する調査を実施しました。
調査解析のほか、サラダ(野菜)と卵の摂取が健康意識や運動機能、健康状態にどのように関係するか松本大学と共同で研究を行います。
今後は、結果を基に学会発表や健康的な食生活の提案を行っていきます。

被験者へ研究内容を説明する様子

被験者へ研究内容を説明する様子

子どもたちへの取り組み

食に対する正しい知識は、豊かな食生活に欠かせないものです。キユーピーグループは、未来を創る子どもたちに食の大切さを伝えるとともに、食を通じて心と体の健康を育む活動を積極的に展開しています。

まめ活®(豆をまめに食べる活動)

「豆」は栄養バランスがよい食材ですが、食べなれていない子どもも多く、食感が苦手などを理由に学校給食で食べ残しが多い食材です。キユーピーでは子どもたちに「豆」のよさを伝え親しんでもらいたいと考え、2016年より小学校に「豆」に関する紙芝居やワークシートなどの食育授業の教材を提供しています。また豆を取り入れた学校給食の献立提案を行い、豆を食べる食習慣の形成を支援しています。

健康に配慮した商品

キユーピーグループは、野菜をサラダで食べるという新しい食文化の普及に努め、サラダメニューの拡がりとともに成長してきました。これからも一人ひとりの食のパートナーとして、全ての世代の食と健康に貢献するため研究・商品開発を行っていきます。

厚生労働省許可 特定保健用食品

「コレステロールを下げる」機能を持った「キユーピー ディフェ」を2005年10月に発売しました。
「キユーピー ディフェ」は、コレステロールの吸収を抑制する働きのある植物性ステロールを配合しており1日15g摂取することで、血中総コレステロール・LDLコレステロールを下げることができます。
また、高脂血症の方の食事療法では、適正な摂取エネルギーにすること、すなわちエネルギーを摂りすぎないことが重要とされており、独自の製造技術でカロリーを通常のマヨネーズの半分に抑えました。
「キユーピー ディフェ」を使ったレシピやコレステロール対策食事改善講座など、コレステロールが気になる方の食生活の改善を支援していきます。

キユーピー ディフェ

機能性表示食品

キユーピー アマニ油マヨネーズ

厚生労働省統計「平成29年患者調査」によると、日本には高血圧性疾患の患者が約1,000万人いるとされており、「血圧が高めの人」はさらに多いと推定されます。キユーピーは、一般的な調味料に比べ食塩の使用量が少なく、味の満足度があるマヨネーズの特性に着目し、「キユーピー アマニ油マヨネーズ」を2016年6月に発売しました。アマニ油は、血圧が高めの方に適した機能を持つ「α-リノレン酸」が豊富に含まれています。サラダをはじめ野菜を使ったメニューとあわせた提案により、血圧が高めの方の食生活の改善を支援していきます。

キユーピー アマニ油マヨネーズ

機能性表示食品ドレッシング

キユーピーは、機能性表示食品ドレッシング「アマニ油入りごまドレッシング」「和風たまねぎドレッシング」の2品を2020年2月に全国発売(一部エリアでは、2017年7月より発売開始)しました。
「アマニ油入りごまドレッシング」は、血圧が高めの方に適した機能を持つα-リノレン酸を多く含むアマニ油を商品中に27%配合し、血圧が高めの方向けに開発しました。
「和風たまねぎドレッシング」は、脂肪や糖分の吸収を抑える機能があることが報告されている難消化性デキストリン(でんぷんを加工した水溶性の食物繊維)を配合しています。
多様な健康ニーズに合わせたサラダメニューなどの提案により、健康的な食生活を支援していきます。

機能性表示食品ドレッシング

ディアレ

花粉やホコリ、ハウスダストなどによる鼻の不快感を覚える人は、日本のみならず欧米を中心に増加しています。そこで、花粉・ホコリ・ハウスダストなどによる鼻の不快感を軽減する酢酸菌GK-1と仕事や勉強による一時的な精神的ストレスや疲労感を軽減するGABAを配合したサプリメント「ディアレ」を2020年1月に発売しました。
鼻の不快感の原因物質として「花粉」の表示が認められた機能性表示食品は「ディアレ」が初めてです。
キユーピーは、自社商品にとどまらず、さまざまな形態で酢酸菌を摂取できるよう相乗効果が期待される“乳酸菌”商品を扱う企業への原料供給も視野に、より多くの人々の健康的な生活に貢献していきます。

ディアレ

低カロリー・減塩対応食品

平成26年厚生労働省「健康意識に関する調査」の結果によると、健康にとって最もリスクとなる事は、生活習慣病を引き起こす生活習慣です。健康のために食生活で気を付けることは、食事をしっかり摂り、減塩し、カロリーを控えることです。
ジャネフ ノンオイルドレッシングは、1973年より、カロリー1/3ドレッシングに始まり、1984年、日本初のノンオイルドレッシングとして発売。その後、2003年の低カロリー化、2012年の減塩化と改良し、「ノンオイル」「低カロリー」「減塩」の3つの機能を通して健康維持を応援していきます。

ジャネフ ノンオイルドレッシング

食物アレルギーへの取り組み

近年、日本をはじめとする先進国では、食物アレルギーは増加の一途をたどっており、食品メーカーとして対応すべき重要な課題と考えています。キユーピーでは、より多くの方に食事を楽しんでいただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。

原材料表示

キユーピーでは、一目でわかりやすいように、商品に含まれるアレルゲン(特定原材料7品目と表示が推奨されている20品目について)をまとめて表示しています。また育児食(ベビーフード)については、重篤度が高い、あるいは症例数が多い食物アレルゲン7品目「卵・乳成分・小麦・えび・かに・そば・落花生」の使用の有無について、商品の正面に一目でわかるように表示しています。

アレルゲンアイコン

アレルゲンアイコン

食物アレルゲン7品目不使用のベビーフード

小麦を使用していないしょうゆなど原材料から配慮し、食物アレルゲン7品目を使用しない育児食(ベビーフード)の開発を行っています。

「卵不使用」のマヨネーズタイプ調味料

キユーピーは2014年春、学校給食向けに卵アレルギーに配慮し、卵を使わないマヨネーズタイプ調味料(業務用)を発売しています。発売後の状況から家庭用のニーズが高まっていると判断し、2015年2月から「キユーピー エッグケア(卵不使用)」を市販向けに発売しています。今後も社会に求められる商品づくりで食生活に貢献していきます。

キユーピー エッグケア(卵不使用)

卵アレルギー研究

卵アレルギーは「食べて予防」へ

食物アレルギーは、じんましんや呼吸困難などを引き起こす病気で、特に卵アレルギーは乳幼児に多いといわれています。これまでアレルギーを引き起こす食品の摂取は避けた方がよいとされていましたが、最近の研究で「離乳早期に少しずつ食べ始めるほうがアレルギー発症予防に有効」であることがわかってきました。キユーピーグループは、加熱などによりアレルゲン性を低下させた卵を用いて、より安全な卵アレルギーの診断・治療および予防につなげる研究を専門医療機関と共同で行っています。卵アレルギーの無い世界を目指して、これからも診断から治療・予防法確立までの支援を継続していきます。

加熱などによりアレルゲン性を低下させた卵素材

加熱などによりアレルゲン性を低下させた卵素材

2016年、国立成育医療研究センターは、卵アレルギーの予防に関する研究成果を発表しました。アトピー性皮膚炎の乳児121人を対象に行った結果、皮膚の治療を十分に行った上で6ヵ月齢から微量の加熱した卵の粉末を食べた乳児の1歳時における卵アレルギー発症率は8%(食べなかった乳児は38%)となり、その有効性が示されました。この結果を受けて、2017年には日本小児アレルギー学会から「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」が出され、さらに2019年には厚生労働省の授乳・離乳の支援ガイドにおいて卵黄の摂取開始時期が早められました。

医療への取り組み

キユーピーのファインケミカル事業は、卵由来のレシチンやリゾチーム、食酢の研究から生まれた酢酸菌酵素など、さまざまな素材を食品・化粧品・医薬品などの分野へ提供しています。中でも30年以上にわたり研究を重ねてきたヒアルロン酸は、事業の中核となる素材であり、国内販売量No.1(2017年富士経済調べ)となっています。

キユーピーは国内で唯一、鶏のトサカからの抽出と微生物発酵の2つの方法でヒアルロン酸を製造するメーカーです。分子量のコントロール技術や修飾技術を強みとし、顧客ニーズに合わせた技術支援を行ってきました。

キユーピー初の医療機器、内視鏡用粘膜下注入材「ケイスマート」

キユーピー初の医療機器、内視鏡用粘膜下注入材「ケイスマート」

キユーピーのヒアルロン酸は、医療用点眼薬や関節機能改善剤の原料など、さまざまな医薬品に使用されています。これらの取り組みで得た製造・品質管理の技術を生かし、ヒアルロン酸を活用した医療機器の企画、開発を行うビジネスを展開しています。

消化管(胃・食道・大腸など)の粘膜層にとどまる早期がんなどの病変を内視鏡を用いて切除する際に使用される医療機器「内視鏡用粘膜下注入材」は、ヒアルロン酸ナトリウムが使われています。ヒアルロン酸の粘性により粘膜下層にとどまることで粘膜層と筋層を分け、その状態を維持することで病変部位の切除または剥離操作性向上をサポートします。キユーピーは高品質の医療機器を提供することで、内視鏡による早期がん治療を通じ、健康寿命の延伸に貢献します。

他にも大腸検査を受けられる方や医療機関の皆様へ、検査前日にご使用いただける商品もご用意しています。

ページの先頭に移動する