キユーピーグループの研究開発

キユーピーグループは、グループの“研究開発機能と本社機能”をあわせ持つ「仙川キユーポート」(東京都調布市)で、世界のお客様の楽しく健やかな食生活をめざして、研究開発を行っています。
部署を超えてより活発なコミュニケーションができるよう工夫された施設で、グループ各部門が力を合わせて、商品開発のスピードアップや、新しい発想の商品を生み出すことに取り組んでいます。

研究開発ビジョン

「その技術から生まれる感動をお客様に」

私たちは、「楽しく健やかな未来の食生活を世界に創造する」ことをめざし、研究開発をしています。
サラダ、タマゴ、食創造、未病改善の研究を重点領域とし、世界のパートナーとともに、健やかな食生活を実現します。

キユーピーグループの研究開発体制

キユーピーグループは、国内外の各社開発拠点と、仙川キユーポートのキユーピー研究開発本部が技術や知を共有し、商品や技術を開発しています。

キユーピー研究開発本部の組織体制

キユーピー研究開発本部は、各事業の商品開発機能を有する食創造研究所とグループの技術開発機能を有する技術ソリューション研究所が互いに連携しています。グループR&D推進部は、2つの研究所のほか、国内外の開発拠点の連携を支援しながら、研究開発の企画や情報収集・発信をしています。
また、オープンイノベーションの拠点として、世界のパートナーとの共創も積極的に取り組んでいます。

キユーピーグループのグローバル研究開発拠点

キユーピーグループは、中国、東南アジア、北米に研究開発拠点を持ち、各地域のお客様のニーズにお応えする商品を開発しています。
また、現地の研究機関や大学などと連携して開発した技術は、各地域にとどまらず、世界で共有し活用しています。
キユーピーグループは、国内においてもグループ各社に研究開発の機能を持ち、その強みを活かして、スピーディーに商品開発をしています。人材や、技術交流を通じて、シナジーを生み出し、さまざまな技術をグループで展開しています。

ページの先頭に移動する