ガバナンス

キユーピーグループは、グループの理念に基づく事業活動を通じて世界の人々の食生活と健康に貢献し、持続的な成長と企業価値の向上を実現するため、経営上の組織体制や仕組み・制度などを整備し、必要な施策を適宜実施していくこと、また経営の成果をお客様や従業員、お取引先、株主・投資家、地域社会などのステークホルダーの皆様に適切に配分すること、これらを経営上の最も重要な課題の一つに位置づけています。

コーポレート・ガバナンスについては、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みと定義し、「グループ規範」を遵守するとともに、基本方針に沿って、適切で効果的な体制の整備および充実に継続的に取り組んでいきます。

KEY DATA

全従業員の意識調査アンケート回答率 対象者12,543名(2018年度実績) 86.9%/マインドアッププログラム受講者数 対象:全従業員(KRS・アヲハタグループ除く)毎年12千人/ヘルプラインへの通報・相談件数 28件(2019年度)
ページの先頭に移動する