健康経営・労働安全衛生への取り組み

グループ健康経営の考え方

キユーピーグループは、2016年度より「健康経営®」の取り組みを開始し、「『おいしさ・やさしさ・ユニークさ』をもって世界の食と健康に貢献するグループをめざします」というグループの理念のめざす姿のもと、グループで働く一人ひとりの健康のための取り組みを進めています。キユーピー単体では、2020年3月2日に優良な健康経営を実践している法人として「健康経営優良法人2020(ホワイト500)」の認定を受けました。この制度は2017年にスタートし、キユーピーが認定を受けるのは2018年から3年連続となります。2019年度からの3年間では、①健康管理体制の構築②からだの健康③こころの健康という切り口で活動を行い、グループ各社・各事業所を含めて更なる健康意識の醸成を進めます。

「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

受動喫煙対策

グループ従業員の健康を維持・増進することを目的に、東京都にある2拠点の事業所(渋谷区、調布市)で2019年10月16日から就業時間内禁煙とし、加えて2020年4月1日に敷地内の喫煙所を撤廃し、敷地内全面禁煙がスタートしました。
グループ会社を含めた全事業所で受動喫煙のない職場環境づくりに取り組んでいます。
また、2017年からは卒煙支援も強化しており、禁煙外来、禁煙補助薬の自己負担額の補助(禁煙外来:10,000円まで、禁煙補助薬:5,000円まで)や、自助努力での卒煙成功者には卒煙記念品を用意するなど、卒煙チャレンジを促しています。

グローバルな健康問題の予防と管理

海外事業の拡大に伴い、駐在員の数も増加してきました。
駐在員には年1回人間ドッグを受診してもらい、必要に応じて看護師からアドバイスをしています。 
赴任後3か月後のヒアリンク、ストレスチェックなどから精神面のサポートも行っています。

女性の健康・婦人科がん検診

2019年10月3日、女性の健康、特に就労世代に罹患する可能性の高い女性のがんについて女性医師を招いてセミナーを開催しました(全国の事業所にもテレビ中継)。
2019年11~12月にかけて東京都にある2拠点の事業所(渋谷区、調布市)で婦人科がん検診の集団検診を実施しました。はじめての試みでしたが、女性従業員の3割がこの検診を受け、がん検診の理解につながりました。

ヘルスアップキャンペーンの参加推進

キユーピー・アヲハタ健康保険組合では5月から2ヶ月間のヘルスアップキャンペーンを実施しています。生活習慣改善を呼びかけるこの活動を、2018年度より事業所対抗戦を取り入れて、グループ会社を含めた全事業所あげて取り組んでいます。
2019年度は61%にあたる7,378名が参加し、その8割以上の人が自分が掲げた目標を達成しました。2020年度も食生活、運動、日常生活改善への取り組みを推進します。

健康お役立ち情報の発信

2018年度より、毎月の衛生委員会や職場朝礼で活用できるように「健康お役立ち情報」をグループ会社を含めた全事業所へ向けて発信しています。テーマは「骨密度」「心の健康」「熱中症」等、季節や従業員の興味に合ったものを選定しています。資料はプレゼンテーション資料で解説文をつけ、また掲示でも伝わる内容で作成しています。

私の健康宣言

2016年度 キユーピー役員からスタートした「私の健康宣言」は、一人ひとりが1年を健康に過ごすための宣言を記入し掲示するものです。2017年度はグループ各社社長と東京都にある2拠点の事業所(渋谷区、調布市)の従業員に展開。2018年度よりグループ会社を含めた全事業所で取り組んでいます。
2020年度は「健康寿命を延ばす取り組み」を掲げることとし、すでに10,000名以上が宣言をしています。

健康イベント

従業員の皆さんに運動の楽しさと効果を感じて頂き、運動が習慣化できるように、2020年度は東京都の2拠点で毎月運動イベントを開催していきます(全国の事業所にもテレビ中継)。
自宅や職場で簡単にできるトレーニング(筋トレやストレッチ)と正しい歩き方について実践指導いただき、食事と運動の双方に働きかけることで、生活習慣病やフレイル、ロコモの予防や、転倒災害防止につなげていきます。

キユーピーグループ安全会議での実技の様子

キユーピーグループ安全会議での実技の様子

運動イベントの様子

労働安全衛生に関する考え方

キユーピーグループの生産事業所では、キユーピー生産本部基盤向上推進部安全チームが中心となり、従業員が健康で安全な職場生活を送ることができる快適な職場環境づくりに努めています。主な活動として、次の3つを実施し、災害の未然防止と安全意識向上に努めています。

1.全生産工場の安全監査(国内75カ所、海外12カ所)

2.グループ安全会議(本年度9月開催予定)

3.災害情報の水平展開

グループ一体となった予防安全の取り組み

キユーピーグループでは、2004年より予防型安全活動を推進しています。次の3つを実施することにより、リスクを許容可能なレベルまで下げ、安全第一の風土構築をめざしています。

1.リスクアセスメントの実施

2.安全教育手順書による教育

3.QBSS(キユーピー・アヲハタ安全基準)点検と是正

休業災害発生件数の推移(各年度4月末集計)

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
休業災害件数 12 7 17 24 13
度数率※1 0.56 0.35 0.76 0.99 0.62
強度率※2 0.018 0.013 0.027 0.034 0.038

対象:キユーピーグループ国内工場

※1度数率=労働災害による死傷者数/延べ実労働時間×1,000,000

※2強度率=労働損失日数/延べ実労働時間×1,000

ページの先頭に移動する