自然環境の保全

自然環境の保全の考え方

キユーピーグループの事業活動は、豊かな自然環境と密接な関わりを持っています。私たちは、「良い商品は良い原料からしか生まれない」という考えを大切に、原料を生み出す自然の恵みに感謝し、豊かな自然と生物多様性の保全に努め、持続可能な社会を次世代につないでいきます。

工場における生物多様性保全

富士吉田キユーピーに設置した太陽光パネル

富士吉田キユーピーは、国立公園内に立地しています。保護地域内や隣接地域でもあるため、敷地内で自然の整備や水資源を涵養する緑地面積の確保、日照に恵まれた立地を活かし、再生可能エネルギーを取り入れるなど特に自然保全に向けた取り組みを行っています。

今後は、事業活動と自然環境の関連について評価し分析するとともに、地域の皆さまとの情報共有を通じて、取り組むべき活動を策定し実施していきます。

キユーピーの森

キユーピーグループは、2007年9月より山梨県富士吉田市の富士北麓にある森林「キユーピーの森」で、水源涵養を目的とした森林保全活動を開始しました。社員とその家族から参加者を募り、間伐・植樹活動を中心に、森林散策、地元食材を用いた料理体験などを行ってきました。第3期となる2016年度からは、森林保全活動とともに、周辺環境が抱える諸問題について参加者に知っていただくことを目的に、専門家から自然環境や生息する生き物について学ぶ講座も開設しました。
2017年度は、間伐材の資源循環利用を目的に木製スプーンやコースターづくりなどの木材加工を体験して、自然の恵みとその活用法について学びました。

参加者集合写真

間伐の様子

霧多布湿原ナショナルトラストへの支援

はぐくみの池で生態調査をしている様子

国内3番目の面積をもつ霧多布湿原は、その価値が国際的に評価され、1993年にラムサール条約に登録されています。
キユーピーグループは、この貴重な自然を保全する活動を行う認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストを資金面で支援するとともに、2014年からは年1回社員が参加し、湿原を中心とした保全活動を実施しています。
2017年度は、地元の「きりたっぷ子ども自然クラブ」の子どもたちにも参加してもらい、湿原に隣接する小学校のスケートリンク場として使われていた人工池「はぐくみの池」の生態調査を行いました。その結果、環境省レッドリストの絶滅のおそれのある種であるババアメンボなどの棲息を確認できました。

はぐくみの池:小学校閉鎖により埋め立て予定でしたが、水鳥たちが飛来することから霧多布湿原ナショナルトラストで保全を開始。キユーピーグループの支援活動に対する評価と今後への期待から、池の命名権を授与され、2016年社内公募の結果、命名されました。

ページの先頭に移動する