Q:どのような会社ですか?

1919年の創業以来、「良い商品は良い原料からしか生まれない」という考え方を大切に商品づくりに努めています。これからも、おいしさ、やさしさはもちろんのこと、キユーピーならではのユニークさにさらに磨きをかけ、世界の食と健康に貢献するグループをめざしていきます。

キユーピーグループの理念

キユーピーグループは、人が生きていく上で欠かすことのできない食の分野を受け持つ企業集団として、「おいしさ・やさしさ・ユニークさ」をもって、世界の人々の食生活と健康に貢献し続けることを使命としています。
今後もグループの理念を大切に共有し、創業以来受け継いできた品質第一主義を貫くとともに、“キユーピーグループならでは”のこだわりある商品とサービスを、心を込めてお届けすることを全ての役員および従業員が実践していきます。
また、キユーピーグループは、社是社訓を基本としたグループの理念の考え方のもと、私たちの活動を支えていただいているお客様、従業員、お取引先、株主・投資家、地域社会などのステークホルダーの皆様から、最も信頼していただけるよう私たちの姿勢を「グループ規範」として表しています。
グループ規範の心を一人ひとりが理解して誠実に遵守していくことは、企業として の一層の透明性とお客様からの信頼につながるものと考えています。

キユーピーグループの歴史

創始者である中島董一郎は、当時の農商務省の海外実業練習生としてイギリスとアメリカへ渡り、そこでオレンジママレードとマヨネーズに出会いました。
こうしたおいしい食品を、ぜひ日本にも紹介したいとの想いを持ち帰国。1925年、「おいしく栄養のあるマヨネーズを、生活必需品となるまで広く普及させて、日本人の体格と健康の向上に貢献したい」という想いで、卵黄タイプで栄養価の高いキユーピー マヨネーズを発売。1932年には、柑橘類の最優良産地の瀬戸内に位置する忠海(広島県竹原市)で、オレンジママレードの製造を開始しました。マヨネーズとオレンジママレードから深耕拡大したキユーピーグループでは、「良い商品は、良い原料からしか生まれない」というものづくりの考え方を大切にしています。
これからもパイオニア精神のもと、私たちにしかできない商品で、お客様から高い信頼を得ることをめざしていきます。

業績の推移

売上高

営業利益

(単位:百万円)

  2015年度
(補正後)
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
(計画)
売上高 549,774 552,306 561,688 573,525 560,000
営業利益 26,354 29,818 31,261 33,067 33,200

※2016年度より会計方法を変更しました。

売上高の計上基準変更
[変更前]支払確定時に販促費に計上 →  [変更後]売上計上時に「売上高」から控除

固定資産の減価償却方法などの変更
[変更前] 定率法 →  [変更後] 定額法(耐用年数や残存価格の評価法も見直し)

ページの先頭に移動する