トピックス① サラダ(野菜)と卵で健康に!

重点課題:健康寿命延伸への貢献

健康長寿は食生活から

日本人の平均寿命は世界でもトップクラス! でも、健康的に生活できる期間である「健康寿命」とのギャップは大きくなっています。健康寿命は食生活との関わりが強く、生活習慣病予防としては塩分を控え、野菜を積極的に摂取することが必要といわれていますが、実際はすべての世代で1日の野菜摂取量が足りていません。また、高齢期では低栄養により生活機能が低下しがちなので、たんぱく質やエネルギーの摂取が大切になります。

平均寿命と健康寿命のギャップ
年代別野菜摂取量

おいしく、無理なく、健康に

食物繊維をはじめ、ビタミン、カリウムなどのミネラルが豊富な「野菜」と、良質なたんぱく源である「卵」の摂取は栄養バランスのよい食生活に欠かせません。
私たちは、グループの事業と関わりの強い「サラダ(野菜)」と「卵」を中心としたさまざまな食の提案を通じて、毎日の食事から、おいしく無理なく続けていける健康的な食生活をサポートしています。

健康寿命延伸への取り組み

“野菜”と栄養がギュッ! とつまった“卵”を組み合わせて最強コラボ!

卵からヒヨコが生まれるように、卵には人間の体にとって必要な栄養素がビタミンCと食物繊維以外はすべて含まれています。なかでも食べることでしか摂取できない必須アミノ酸がバランスよく含まれているのが特長で、野菜を組み合わせて食べることで、理想的な栄養バランスに近づきます。また、野菜は噛む力を育てる食材です。口は健康の入り口ともいわれ、野菜の積極的な摂取は健康的な生活につながります。

「食」をテーマにした講演会

食についての正しい知識や、食の楽しさと大切さを伝えることは、私たちの重要な役割です。健康で楽しい食生活に貢献したいと考え、「食」をテーマにした講演会に講師となる社員を派遣し、食生活と健康について正しい情報を提供しています。
プログラムは全部で3つ。「野菜の魅力」をテーマにしたプログラムでは、野菜の栄養や理想的な摂取量などをDVDで観たり、毎日の生活で実践できる調理法など、参加される皆さんに関心を持っていただけるような内容にしています。参加した方からは、「1日350gの野菜摂取を意識して献立を考えます」「野菜の幅広い魅力、食卓での楽しみ方などを学ぶことができた」などの声も聞かれ、野菜の魅力が伝わっています。

一人ひとりの食のパートナーへ!

人生100年という時代に突入し、ますます健康への関心が高まっています。健康でいきいきとした生活を送るには「栄養」「運動」「社会参加」の3つをバランスよく取り入れることが大切といわれています。生活スタイルが多様化するなか、私たちは特に「栄養」に関して、「食事をおいしく楽しんでいただくこと」「栄養バランスや口から食べることの大切さ」について、それぞれの食生活にあったご提案をこれからも続けていきたいと思います。

ページの先頭に移動する