反贈賄基本方針制定について

私たちキユーピーグループは、創始者の中島董一郎の、「長い目で見ると、やはり誠実な人、道義を重んずる人が認められるというのが世の中であります」という言葉を大切にし、目先の損得にこだわらず「何が本当か、何が正しいのか」を判断基準として行動します。また、グループにおいて今後加速する海外の事業展開では、国際的な法令遵守体制の整備が極めて重要であることを認識しております。

これらに加え、贈収賄行為に対する取締りの強化という世界情勢に照らし、キユーピーグループでは、不正競争防止法、米国海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act)や英国贈収賄防止法(UK Bribery Act)などに対応した公務員贈賄防止体制の構築を図るため、2015年12月にはグループ全体に適用されるキユーピーグループ反贈賄基本方針を策定しました。

私たちは、社是社訓・グループ規範を具体化した役員および従業員の重要な規範として、キユーピーグループ反贈賄基本方針を制定し、グループ内外に公表することで、反贈賄の徹底を宣言します。 
私たちは、たとえ目先の利益獲得に繋がるとしても贈賄は行わず、社是社訓・グループ規範の心を明確にしたキユーピーグループ反贈賄基本方針に基づいて行動することを常に選択します。

2017年2月24日
キユーピー株式会社
代表取締役 社長執行役員
長南 収

キユーピーグループ反贈賄基本方針

贈賄禁止

私たちキユーピーグループ(以下「私たち」)は、キユーピーグループ※1の役員および従業員※2が、国の内外を問わず、公務員※3ほか利害関係人に対し、直接、間接を問わず、国内外の諸法令に反する贈賄行為※4を行うことを禁止します。 

贈賄防止体制の構築

私たちは、キユーピーグループ反贈賄基本方針の制定と併せて、贈賄防止体制構築の必要性の高い子会社から順次、社内ルールの整備を行うとともに、内部通報窓口の設置、研修・社内教育活動の実施、継続的なモニタリングや内部監査による監査体制の整備などを行います。また、必要に応じて、経営層の関与の下、贈賄防止体制の有効性を評価し、定期的な見直しを行います。 

支払記録の保管

私たちは、適切な内部統制システムの下で会計帳簿を事実に基づき正確に記録し、支払記録を適正に保管します。 

懲戒

私たちは、仮に役員および従業員が贈賄を行ったことが明らかになった場合には、贈賄行為を行った役員および従業員を会社規則(就業規則等)に基づいて厳正に処分します。

代理人

私たちは、代理人※5に対しても、キユーピーグループ反贈賄基本方針を周知するとともに遵守を要請します。また、これに違反または違反するおそれが認められる代理人とは直ちに取引関係を解消します。

※1キユーピーグループ:キユーピー株式会社および国内外の子会社を指します。(なお、上場子会社であるアヲハタ株式会社、株式会社キユーソー流通システムの2社につきましては、キユーピーグループ反贈賄基本方針の内容を共有しており、キユーピー同様の対応をお願いしております)

※2役員および従業員:キユーピーグループで働く全ての役員・従業員(派遣社員、パートタイマー等の臨時雇用者を含みます)を指します。 

※3公務員:日本や進出国を含む当該国の政府または地方公共団体の公務に従事する者、政府関係機関の事務に従事する者、公的な企業の事務に従事する者等であって特に権益を付与された者、国際機関の公務に従事する者、政府等から権限の委任を受けている者を指します。

※4贈賄行為:取引などにおいて不当な利益を得るために、金品、飲食の接待や名誉・地位、視察旅行などの利益を提供し、約束し、申し出、承認する行為を指します。 

※5代理人:キユーピーグループが国内外での活動のために契約関係を結ぶ、代理店(エージェント)やコンサルタント、その他キユーピーグループに代わりまたはその名の下に活動する者などの第三者を指します。

ページの先頭に移動する