理念

経営の基本方針

キユーピーグループは、人が生きていく上で欠かすことのできない食の分野を受け持つ企業集団として、 「おいしさ・やさしさ・ユニークさ」をもって、世界の人々の食生活と健康に貢献し続けることを使命としています。
今後もグループの理念を大切に共有し、創業以来受け継いできた品質第一主義を貫くとともに、 “キユーピーグループならでは”のこだわりある商品とサービスを、心を込めてお届けすることを全ての役員および従業員が実践していきます。

キユーピーグループの理念

社是

楽業偕悦

志を同じくする人が、仕事を楽しみ、
困難や苦しみを分かち合いながら
悦びをともにする、という考え方です。

社訓

道義を重んずること 創作工夫に努めること 親を大切にすること

めざす姿

私たちは「おいしさ・やさしさ・ユニークさ」をもって世界の食と健康に貢献するグループをめざします

姿勢

グループ規範を遵守し、お客様をはじめとしたステークホルダーの皆様から最も信頼していただけるよう努めます

大切にしている教え
『世の中は存外公平なものである』

創始者中島董一郎は若き日に「世の中は横着者やずるい者が得をするように見えることもあるが、長い目で見ると誠実で真面目に努力する人が認められるもの」という主旨の文章に出会い、深い感銘を受けました。以来、生涯を通じて「世の中は存外公平なもの」 と信じ、どのような困難にあっても「何が本当か、何が正しいか」を判断基準に創意工夫に努め、お世話になった方々への感謝の心を大切にし続けました。
1992年までは社訓の一つでもあったこの言葉を、私たちは今も大切な教えとして継承しています。

社是・社訓について

創始者の中島董一郎は、仕事の基本的な考え方について次のように語っていました。「志を同じくする人と業を楽しんで悦びをともにする、そこに仕事のやりがいがあると思います。まず心がけなければならないのは、道義を重んずること。つまり目先の損得ではなく、何が本当か、正しいかということを判断の基準にすることです。しかし、それだけでは目的を実現することはできません。そこで次に大切なのは創意工夫です。世の中は存外公平なものであり、もし公平でないと感じることがあれば、道義を重んずることに問題はなかったか、創意工夫に欠けていたからではないかと反省をしてみてください。そしてもう一つ、親孝行をしてください。わが子を思う親の気持ちをありがたく感じ、それに報いようとする気持ちが親孝行です。したがって親孝行のできる人とは、人の好意をありがたく感じ、それに報いることのできる人です。そういう人の周囲には、また好意を持って接してくれる人が集まり、その会社はおのずから発展するはずです」。
私たちは中島董一郎の仕事に対するこうした考えを、誇りを持って社風として受け継いでいます。

ページの先頭に移動する