2030ビジョン

2018年12月、キユーピーグループは「キユーピーグループ2030ビジョン」として、長期ビジョンを策定しました。これは、「めざす姿」を実現するために私たちが2030年にどうありたいかをまとめたものです。
キユーピーグループは、「マヨネーズで日本人の体位向上に貢献したい」と考えた創始者の想いから、日本の食卓に、そして世界の食卓に笑顔を届け続けてきました。2030ビジョンには、これからの100年も、マヨネーズやドレッシングを磨きながら、もっと世界にサラダとタマゴのおいしさを届けたい、一人ひとりの食に寄り添っていきたい、子どもたちの明るい未来を支えていきたい、そして皆が食を通じて笑顔であってほしい、という想いを込めています。

2030 VISION 食で笑顔を キユーピーと。

3つの視点から見た2030ビジョン

【世界】
サラダとタマゴのリーディングカンパニー
~キユーピーグループの想いを世界へ~

100年の歴史の中で培ってきた調味料・サラダ・タマゴのメニューや技術を活かして、それぞれの国に合った豊かで健康的な食文化を育み、食卓を楽しくしていきます。

【お客様】
一人ひとりの食のパートナー
~食品メーカーから食生活メーカーへ~

内食・中食・外食にまたがるグループの提案力を活用し、さらに食卓を科学することで、多様な生活に合わせ、一人ひとりの楽しく健康的な食生活をサポートしていきます。

【社会】
子どものおいしい笑顔のサポーター
~未来を創る子どもたちに向き合う集団へ~

社内外の活動で提供する食育や様々な食体験、子どもの居場所づくりを通して、子どもの笑顔があふれる社会の実現に貢献します。

ページの先頭に移動する