サステナビリティ・食育

21/05/18

No.48

ニーズに合わせて「対面」と「オンライン」が選択可能に

キユーピーの食育活動をハイブリッド化 ①「マヨネーズ教室」 ②「食をテーマにした講演会」

キユーピー公式サイト内で申し込み方法を公開

 キユーピー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:長南 収、以下キユーピー)は、コロナ下で、対面での開催が難しかった食育活動をオンラインでも提供できるハイブリッドな体制を整えました。小学生を対象にした出前授業「マヨネーズ教室」、一般消費者を対象にした「食をテーマにした講演会」について、キユーピー公式サイト内で申し込み方法を公開しました。

人気の出前授業「マヨネーズ教室」を小学校のニーズに合わせて対応

マヨネーズ教室参加者推移

 キユーピーが2002年から食育活動として実施している、出前授業「マヨネーズ教室」の参加児童数は、2019年10月に累計10万人に達しました。2019年度は対面で315校に実施しましたが、2020年度はコロナの状況下、対面での実施がかなわず62校(対面58校、オンライン4校)にとどまりました。そこで、新たにオンラインで行う「マヨネーズ教室」のプログラムを構築しました。

「マヨネーズ教室」
(オンラインで開催した様子)

 オンラインでも対面と同様に、野菜やマヨネーズの話をしながらクイズを出題したり、子どもたちの質問に答えたりと双方向のコミュニケーションを大切にしています。対面の「マヨネーズ教室」では、子どもたちにマヨネーズを実際に作ってもらいますが、オンラインでは従業員がマヨネーズを作り、乳化について説明します。

 現在は、オンライン授業のほか、首都圏エリア限定で対面授業の申し込みを受け付けています。

【マヨネーズ教室申し込みURL】
https://www.kewpie.com/education/class/

大人に人気の「食をテーマにした講演会」もオンラインでの対応開始

 「食をテーマにした講演会」は、食生活と健康についての正しい情報提供を目的として、1984年から実施している講演会プログラムです。高齢化が進み、単身世帯が増加する現代社会において、留意すべき事柄を分かりやすく説明し、お伝えしています。プログラムは「A 楽しく食べて健康に!」「B 聞いてなるほど!マヨネーズのお話」「C 野菜を楽しみもっと健康に!」の3つです。2019年度は、179件実施しましたが、2020年度はコロナの影響で56件(対面52件、オンライン4件)でした。

「食をテーマにした講演会」
(オンラインで開催した様子)

 現在は、首都圏を対象に対面での申し込みを再開しています。また、全国を対象にオンライン講演会の受け付けも開始しました。

【食をテーマにした講演会申し込みURL】
https://www.kewpie.com/education/lecture/

 キユーピーは、長年続けているさまざまな食育活動を時代のニーズに合わせながら、これからも豊かで健康的な食生活をサポートしていきます。


印刷時には、PDFデータをご利用ください。

ページの先頭に移動する