その他

20/04/30

No.39

より分かりやすくコンパクトなコミュニケーションツールへ

「キユーピーグループ統合報告書 2020」を発行

4月30日(木)から公式ホームページで公開

 キユーピー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:長南 収、以下キユーピー)は、「キユーピーグループ統合報告書 2020」(日本語版)を、4月30日(木)に公式ホームページで公開します。統合報告書としては、昨年に続き今回で2回目の発行となります。
ダウンロードURL:https://www.kewpie.com/ir/library/kewpie-report/

表紙

 本報告書では、ステークホルダーの皆さまに対して、企業活動の全体像、企業価値創造に向けた戦略や計画を総合的に報告し、グループに対する理解をより一層深めていただくことを目的としています。

 2020年版では、より分かりやすくコンパクトな報告書をめざし、理念をベースとした価値創造プロセス、2019-2021年度中期経営計画、ESGの取り組みを中心に取り上げています。
 価値創造ストーリー「サラダとタマゴで健康長寿を応援」「現場力×AIでイノベーション」に加え、サプライチェーンを支える物流や生産での中長期的な成長につながる事例を紹介しています。
 ESGの取り組みの中では、「サステナビリティ目標」の達成に向けた活動内容や、役員対談形式でのダイバーシティへの取り組みなどを掲載しています。

※ 社会と企業の持続的な成長に向け、キユーピーグループとして取り組む内容を指標化したもの

 今後も、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを大切にしながら、キユーピーグループならではの企業価値創造に取り組んでいきます。

「キユーピーグループ統合報告書 2020」の概要は以下の通りです。

■主な項目

●トップメッセージ
●キユーピーグループの事業活動
●キユーピーグループの価値創造
 ・キユーピーグループの価値創造プロセス
 ・価値創造ストーリー① サラダとタマゴで健康長寿を応援
 ・価値創造ストーリー② 現場力×AIでイノベーション
●2019-2021年度 中期経営計画
 ・経営方針と業績目標
 ・国内・海外における取り組み
●中長期的な成長に向けた経営基盤の強化
 ・物流と生産の取り組み
 ・キユーピーグループ理念の実践
●ESGの取り組み
 ・環境変化に対応した経営基盤の強化
 ・キユーピーグループのダイバーシティへの取り組み
 ・コーポレート・ガバナンスの推進
●データ集、会社情報

■形態

A4版37ページ 日本語(PDF)(英語版は後日公開予定です)


印刷時には、PDFデータをご利用ください。

ページの先頭に移動する