商品情報

17/06/30

No.39

新発想で品位向上とカロリーカットを同時に実現

「キユーピーライト」を全面刷新①"香り"に着目し、卵のコクとうま味を向上②さらなるカロリーカットを実現(80%カット)③賞味期間を10ヵ月から12ヵ月に延長

8月1日(火)から全国に出荷

 キユーピーは、「キユーピーライト」を全面刷新します。卵のコクとうま味を向上させる品位改良と併せて、カロリーカット率(当社マヨネーズ比)を、従来の75%から80%に高め、大さじ約1杯(15g)あたり20kcalとしました。おいしさと健康感を両立した商品として、健康を気遣う人に訴求します。

 2011年2月に販売を開始した「キユーピーライト」は、キユーピーのマヨネーズタイプ調味料で最もカロリーを抑えた商品として、カロリーを気にする人を中心に支持を得ています。

 今回の改良では、マヨネーズの“香り"に着目し、風味を大きく向上させています。新たに開発した「卵香味油(たまごこうみゆ)※1」を加え、卵のコクとうま味をより感じられるようにしました。また、独自技術の「マイクロエマルション製法※2」と配合の変更により、植物油の量を当社マヨネーズの20%未満に抑えながらも、マヨネーズらしいコクや口どけを実現しています。なお、品位向上にともない、賞味期間を製造後10ヵ月から12ヵ月に延長します。

 キユーピーは、今後も多様化する健康感をとらえた商品開発と併せ、商品の改良を継続することで、健康的で満足感のある食生活の実現を支援していきます。

※1:マヨネーズらしい卵の香りを詰め込んだ食用香味油

※2:植物油の粒子を細かく均一化し、その表面積を増やす独自製法(下記イメージ図参照)

商品の概要は以下の通りです。

1.商品名・内容量・価格・賞味期間

ブランド商品名内容量参考小売価格賞味期間
キユーピー ライト(80%カロリーカット) 310g 税抜:284円
税込:307円
12ヵ月

2.出荷日

2017年8月1日(火)から全国に出荷

3.商品特徴

カロリーを当社マヨネーズ比で80%カットした、マヨネーズタイプ調味料です。

  • 独自原料の「卵香味油(たまごこうみゆ)」を加え、卵のコクとうま味をさらに引き出しました。
  • カロリーカット率を従来の75%から80%に高めました。
  • パッケージを一新し、80%カロリーカットであることを認識しやすくしました。

4.ターゲット

調味料のカロリーが気になる人
カロリーをカットした商品にもおいしさを求める人

5.使用例

通常のマヨネーズと同様、生野菜サラダから、サンドイッチ、ポテトサラダまで、幅広いメニューに使用できます。

グリーンサラダ

チキンと野菜のトーストサンド

彩り野菜のポテトサラダ

6.販売目標

10億円(小売ベース、年間換算)

「おいしさ」と「健康」の両立を目指して

 1925年に日本初のマヨネーズとして「キユーピー マヨネーズ」が発売されて以来、サラダを食べる食文化の定着やマヨネーズを使ったメニューの広がりとともにマヨネーズ市場は拡大してきました。そのような中、次第にカロリーの摂りすぎが問題視されるようになります。1975年に戦後初めて日本人1人当たりのカロリー摂取量が減少に転じ、2011年に最低値を更新、現在も横ばい傾向が続いている状況を見ると、食事においてカロリー摂取を抑える志向は、現在も根強いことがうかがえます。

 1980年代にはカロリーやコレステロールを気にする人向けのマヨネーズタイプ調味料が登場します。そして1991年、キユーピーがマヨネーズのおいしさそのままに、カロリーを50%カットした「キユーピーハーフ」を発売したことを契機に、健康を訴求する商品は急速に広まっていきました。2016年には、血圧が高めの人向けの機能性表示食品「キユーピー アマニ油マヨネーズ」の発売もあり、訴求点は多様化しています。健康を訴求する商品は現在、市場全体の約3割を占めています(キユーピー推計)。

 キユーピーが定期的に行っている調査では、カロリーを抑えたマヨネーズタイプ調味料の購入者は以前に比べ「味」を重視していることが明らかになっています。また、「カロリーが低いこと」には依然として関心が高く、さらなるカロリーカットの要望も見られます。キユーピーではこのような消費者の意向を捉えながら、今回の「キユーピーライト」の全面刷新や、「キユーピーハーフ」の品位改良(2016年)など、商品の満足度向上につながる改良を継続的に進めています。

ページの先頭に移動する