ENTRY / MYPAGE

数字で見るキユーピー

マウスを乗せると
各データの詳細を
ご覧いただけます

卵をつなぎ合わせたら
地球6周分

日本は、一人あたりの年間消費量が300個を超える卵好き国民。ほぼ毎日、卵を食べている計算になります。そんな卵好きの日本で生産される卵の約10%(25万t)を取り扱っています。キユーピーの卵は、マヨネーズのほかパン、お菓子、かまぼこ、ハム、ソーセージなどの加工食品の原料として使用されているほか、茹で卵やオムレツなどのタマゴ加工品、化粧品や医薬品の原料にも生まれ変わります。きっと皆さまも、どこかでキユーピーの卵を召し上がっているかも!?

出典:国際鶏卵協議会報告書

1分間で
割る卵の数

キユーピーの工場では、独自に開発した割卵機で1分間に600個の卵を割り、卵黄と卵白に分けています。

卵の殻も
無駄にすることなく有効活用

キユーピーグループで年間に使用する卵の総数は25万トン。製造過程で発生する卵殻は2万8千トンにもなります。キユーピーでは早くからその有効利用に着手し、現在ではグループ全体で卵殻を100%再資源化しています。黒板のチョークや、スタッドレスタイヤ、衣料など無駄にすることなく有効活用しています。

売り上げに占める
調理・調味料事業の割合

キユーピーといえばマヨネーズ!というイメージがあるかもしれませんが、マヨネーズが含まれる調理・調味料事業の売り上げに占める割合は約30%。サラダ・惣菜事業、タマゴ事業、フルーツ ソリューション事業、ファインケミカル事業、物流事業など、キユーピーの事業展開はみなさんの想像以上に多彩です。

全国5ヶ所にある工場の
年間見学者数

キユーピーでは"工場は家庭の台所"と考えて「オープンキッチン」と名付けています。1961年から一般の方々の工場見学を開始ししました。当社の商品がどのように製造されているのかを実際にお客様に見ていただくことが、商品をご理解いただき、安心をお届けする最良の機会であると考えています。

マヨネーズ
値下げの回数

発売当時、マヨネーズは現在の価格に換算すると
1,700円という高級品でした。しかし、お客さまにとって身近で親しみやすい商品であるため、戦後から現在に至るまでに、値下げを24回行っています(値上げは13回)。お陰さまでご愛顧いただき、2015年には発売90周年を迎えることができました。

事業展開国

成長が続く中国・東南アジアを中心に、キユーピーはさまざまな国々に商品を提供しています。その際、ただ日本の商品を売るのではなく、「その国の食文化や生活スタイルにあわせた、その国のお客様にとっておいしい、使いやすい商品をつくること」を大切にしています。その国にとって「なくてはならない会社」になりたいと願っています。

グループ会社の数

私たちキユーピーグループは、キユーピーの6つの事業のそれぞれに特化した、オンリーワン、ナンバーワンの「商品」や「サービス」を有する数多くのグループ会社から成り立っています。各グループ会社の強みやユニークさを最大限活かしながら、「志を同じくする仲間」として連携を強めており、商品開発のスピードアップや、価値ある商品を生み出すことに取り組んでいます。

※本ページの掲載内容は、2018年11月30日時点のものです。

採用に関するお問い合わせ

キユーピー株式会社 人事本部 人事部採用チーム

お電話でのお問い合わせ

03-3486-3090

受付時間 9:30~17:00 (土・日・祝日)は除く

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

事前に採用Q&Aをご確認下さい。

ページの先頭に移動する