社会・環境活動(CSR)の歴史

西暦 環境保全に関する取り組み 食育・社会貢献・文化活動に関する取り組み
1956年 卵殻を天日で干し、土壌改良剤として農家に販売を開始  
1960年   財団法人ベルマーク教育助成財団への協賛開始
1961年   オープンキッチン(工場見学)を開始
1962年   「キユーピー3分クッキング」放映開始
1963年 廃棄物削減を合理化の一環として取り組み開始  
1969年 卵殻の破砕・乾燥設備を導入(旧仙川工場)  
1971年 活性汚泥による排水処理設備を導入(1975年に全工場に整備)  
1973年   食と健康の知識の普及をはかる「キユーピーニュース」発行
1975年   食生活に関するビデオの配布開始
1978年   日本合唱連盟・朝日新聞社主催の「全日本ママさんコーラス大会」(現「全日本おかあさんコーラス大会」)の協賛開始
1980年   那覇ママさんコーラスまつり」(現 「全沖縄おかあさんコーラス大会」)の協賛開始
1981年 卵殻を食品用カルシウムとして発売 (膜除去技術の確立により実現、商品名「カルホープ」)  
1984年   「食」をテーマとする講演会活動を開始
1991年 環境問題検討委員会を設置(委員長:生産本部長)  
卵殻膜を加工、化粧品原料として発売  
1992年 容器減量化を推進(ドレッシングびんを丸形・軽量びん化など)  
1993年 安全・環境に関するグループ各社相互点検システムを確立  
1997年 環境担当役員、環境対策室を設置  
環境委員会(委員長:環境担当役員)を全社組織に改組  
卵殻膜を素材としたうまみ調味料を発売(商品名「卵醤」)

現在は販売しておりません

 
1998年 容器包装の環境影響評価基準を制定  
グリーン購入の基本原則を制定、OA用紙ガイドラインを作成・運用開始  
環境保全のための基本方針を制定(部門ごとの目標を設定し活動)  
2000年 マヨネーズ容器、段ボール箱の減量化、仕切り板廃止などを実施  
伊丹工場でISO14001の認証取得  
NPO法人「霧多布湿原ナショナルトラスト」への協賛および寄付を開始  
2001年 「環境報告書」の発行開始  
五霞工場でISO14001の認証取得  
グループ環境マネジメントマニュアルを制定  
2002年 キユーピー全工場の廃棄物焼却炉を廃止 マヨネーズ教室を開始
五霞工場で廃棄物の再資源化率100%達成 東京水産大学(現 東京海洋大学)大学院に「ヘルスフード科学(中島董一郎記念)寄附講座」を設立
2003年 キユーピー全工場で廃棄物の再資源化率100%達成  
2004年 鳥栖工場でISO14001の認証取得 キユーピーニュースが第4回消費者教育教材資料表彰(主催:財団法人消費者教育支援センター)の優秀賞を受賞
2005年 中河原工場でISO14001の認証取得 CSR担当役員任命、環境対策室を社会・環境推進室に改組
「環境・社会報告書」の発行を開始(「環境報告書」に社会活動に関する内容を付加)
2006年 「チーム・マイナス6%」に参加 渋谷音楽祭への協賛開始
八都県市「容器包装ダイエット宣言」に参加  
「社会・環境報告書」の発行を開始(社会性の記述を増やし、冊子版とウェブ版を発行)
2007年 富士吉田工場でISO14001の認証取得 フードバンク活動への支援開始
水源涵養を目的として森林保全活動「キユーピーの森」を山梨県富士吉田市で開始 「社会と環境について語るブログ」開始
2008年 段ボールの印刷に使用するインクを39色から標準色18色に集約 マッチングギフト制度「QPeace」開始
「社会と環境について語るブログ」が環境goo大賞(ブログ部門)受賞
2009年 社会・環境推進室と法務・知的財産室を再編し、CSR推進本部を設置、社会・環境推進室を社会・環境推進部に改組
営業車にハイブリッドカー「プリウス」を導入 キッザニア甲子園に「マヨネーズ工場」パビリオン出展
2010年   三國清三シェフを講師に迎えた「家族でわくわくクッキング」を開始
2011年   第32回食品産業優良企業等表彰
CSR部門で「農林水産大臣賞」を受賞
  公益財団法人ベルマーク教育助成財団が行う東日本大震災被災地の教育援助活動に対し5年間の寄付を開始
2012年 社会・環境推進部と広報室を再編し、広報・CSR本部を設置
  幼児向け絵本の製作・発行(年1冊ずつ2016年まで実施)
  アヲハタ ジャム工場内に見学施設「アヲハタ ジャムデッキ」をオープン
2013年 加藤産業様、キユーソー流通システム、キユーピー連携のグリーン物流の普及拡大により、グリーン物流パートナーシップ会議特別賞を受賞 お茶の水女子大学に寄附研究部門「食と健康」を設立
キユーソー流通システム松戸営業所・伊丹第三営業所、ケイパックに太陽光発電設備導入 ダンスコンクールの協賛開始
「キユーピーの森」第二期活動開始 「広島県とアヲハタ株式会社との包括的連携に関する協定」を締結
2014年 エコプロダクツ2014年の環境省「Fun to Share」ブース内に卵殻活用事例を展示 仙川キユーポート内に見学施設「マヨテラス」をオープン
キユーソー流通システム所沢物流センター、キユーピー醸造滋賀工場に太陽光発電設備導入  
九都県市「容器包装ダイエット宣言」に参加。関東圏スーパー75店舗のキャンペーンで容器軽量化を行った商品を紹介  
ポテトピール(主にじゃがいもの皮と芽)の飼料化開始(養豚用)  
2015年 社会・環境推進部をCSR部に改組
長距離輸送(500km以上)のモーダルシフトの推進開始  
パッケージサラダ(一部商品)消費期限延長  
グリーンファクトリーセンター、富士吉田キユーピーに太陽光発電設備導入  
2016年 キユーピー マヨネーズ(一部容量)とキユーピーハーフの賞味期間を延長(食品ロス削減) 渋谷区との「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結
「キユーピーの森」第三期活動開始  
「エネルギー1/2」をコンセプトとしたキユーピー神戸工場の操業開始  
遠州デリカ、五霞工場に太陽光発電設備導入

現サラダクラブ遠州工場

 
2017年 株主総会にてCSRの展示を実施
CSR委員会を設置 環境委員会を食育・社会貢献を含むCSR全体を推進する組織に改編
CSRの重点課題を策定
グリーンファクトリーセンターに太陽光発電設備増設 キユーピー神戸工場でオープンキッチン(工場見学)を開始
富士吉田キユーピー 平成28年度関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰 「事業所 最優秀賞」を受賞 一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団設立
工場で発生する野菜残渣で染めたエプロン(FOOD TEXTILE)をマヨネーズ教室で採用 第1回 地域の居場所づくりサミット開催(一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団)
野菜残渣のサイレージ化を開始(グリーンメッセージ)  
2018年 キユーピーグループの持続可能な調達のための基本方針の策定 健康経営優良法人2018(ホワイト500)認定
キユーピーで初めて「年月表示」を開始(市販用介護食「やさしい献立」シリーズ レトルトパウチ) プラチナくるみん認定
キユーピードレッシングのガラス瓶容器をプラスチックボトル化(原料調達、容器製造、容器輸送までにおいて、温室効果ガス(GHG)を約20%削減) 広島市と包括連携協定を締結(地産地消や食育、健康増進の取り組みなどを推進)
キユーピータイランドで太陽光発電施設導入  
キユーピー、ライオン、日本パレットレンタルの異業種3社による共同幹線輸送を開始  

対象:キユーピー(株)およびキユーピーグループ

ページの先頭に移動する